愛知県岡崎市の新築・リフォーム・店舗設計ならハウスリペア | TOPに戻る

0120-06-5671
愛知県岡崎市の新築・リフォーム・店舗設計ならハウスリペア | TOPに戻る

愛知で注文住宅を!家の外観をよくするための色選びのコツとは

  • 施工事例
  • 注文住宅
  • リフォーム・修繕・外構
  • 店舗設計・施工
  • ハーフビルド
  • 会社概要・スタッフ紹介

NEWS

新着情報

愛知で注文住宅を!家の外観をよくするための色選びのコツとは

2019-06-11 

おしゃれな街中を歩いていると、綺麗な家がありますよね。
カラフルな色合いで目立つ家も存在していれば、シンプルでも目立つ家も存在します。
住んでいる人の色が出るものが、家の外観でもあります。
そこで、今回は、家の外観をよくするコツについてご紹介します。

 

□住む人が住みたいと思えるポイントを、見つける

 

外壁の印象をよくするためには、外装塗装を、住む方の好みに合わせる必要があります。
ここでは、住みたいと思えるような家にできる方法についてご紹介します。

 

*近隣とのバランスを考え、方向性を考える

 

家を建てる時に、近隣の家や自然環境、色合いを気にする必要があります。
周りの環境を考えた上で、目立ちたいのであれば、配色を鮮やかにし、ナチュラルにしたいのであれば、色を合わせる必要があります。
様々な例を見ながら、イメージを業者に伝える必要があります。

 

*人気色や流行にも目を配る

ここで、人気色や流行の色を見てみます。
これは、本当に家がこの色でいいのかを判断する材料になるかもしれません。
人気や流行に敏感な方にはおすすめですね。

 

*試し塗り

最終ステップです。
実際に少し塗ってみることで、イメージと合っているか確認します。

 

□オススメのコーディネイト

 

ここでは、外観がスッキリとした印象を持ってもらえるコーディネイトについて3つご紹介します。

 

*自然の木感を出す

 

主に高級感がある檜皮色(ひわだいろ)と練色(ねりいろ)、香色(こういろ)を使用することで上品な印象を与えます。
主に自然の木をイメージしており、自然豊かな場所だけでなく、ビルが多い場所であっても落ち着いた印象を与えることができます。

 

*ヨーロッパ風

 

主に弁柄色(べんがらいろ)と、自然の赤と言われている丁字色(ちょうじいろ)、土器色(かわらけいろ)を使うことによって、素朴なヨーロッパの暖かく楽しい印象を与えます。
自然の中では、バランスを保ちながらも目立つことができ、高級感も与えることができます。

 

*ナチュラル感を出す

 

主に、江戸時代に好まれた上品な色の璃寛茶(りかんちゃ)と白茶色、伽羅色(きゃらいろ)を使用することで、鮮やかで、ナチュラルな印象を与えます。
どこの場所でも活用できます。

 

□まとめ

 

今回は、外観をよく見せるコツについてご紹介しました。
色は、外観の第一印象を決める上で重要なポイントです。
今回紹介した色を試してみてはいかがでしょうか。
これから家の購入を考えている方にとって、この記事が参考になれば幸いです。

TOP > 新着情報 > 愛知で注文住宅を!家の外観をよくするための色選びのコツとは

ハウスリペア

ハウスリペア株式会社

〒444-2132
愛知県岡崎市井ノ口新町3番10 ラフビル205号
TEL. 0564-84-5671

Copyright © ハウスリペア株式会社 All Rights Reserved.(K)

  • ハウスリペア株式会社
  • 0120-06-5671
  • お問い合わせ
ページトップ
  • 0120-06-5671
  • お問い合わせ
ページトップ