愛知県岡崎市の新築・リフォーム・店舗設計ならハウスリペア | TOPに戻る

0120-06-5671
愛知県岡崎市の新築・リフォーム・店舗設計ならハウスリペア | TOPに戻る

岡崎市で家を新築する際に注文住宅と建売住宅の違いとは?

  • 施工事例
  • 注文住宅
  • リフォーム・修繕・外構
  • 店舗設計・施工
  • ハーフビルド
  • 会社概要・スタッフ紹介

NEWS

新着情報

岡崎市で家を新築する際に注文住宅と建売住宅の違いとは?

2019-06-18 

こんにちは、今日は岡崎市で家を建てる方に向けて、注文住宅と建売住宅の違いをご紹介します。

新築住宅には注文住宅と建売住宅がありますが、この2つはどう違うのでしょうか。

 

□注文住宅と建売住宅の違い

注文住宅は、自分で土地を見つけてそこに家を建てるもので、家の外観から間取りまで自由に決めることができます。

その家だけのために設計し、資材を調達して施工するので、どうしても建築費用は割高になります。

それに比べて建売住宅は、間取りなどについて打ち合わせをする必要もなく、設計図もその家だけのために作るのではなく、すべての家が同じ設計図で作れます。

また、資材も数十軒分を大量発注できるため、単価を下げることが可能となります。

このため、建売住宅は割安で購入できるのです。

 

□土地探しのプロセスの違い

注文住宅は、まず自分で土地を探して購入する必要があります。

これに対して、建売住宅は土地込みで売られるため、自分で土地を探して購入する手間が省けます。

自分で土地を探すのは楽しみでもありますが、時間と手間がかかります。

このため、手間をかけずに家を購入したい人にとっては、建売のほうがいいかもしれません。

土地探しが思うようにいかず、注文住宅を希望していたのに、仕方なく建売住宅を買ったり、マンションを買ったりする人も多いようです。

また、そもそも土地探しをする時間がないとか、そこまでやりたくないという人は、最初から建売住宅にする人もいます。

 

□職人の意気込みの違い

注文住宅は建築費が高いため、品質が悪いとクレームになり、会社の評判を落としかねません。

そのため、施工業者は注文住宅には神経を使います。

材料も上質なものを選び、職人も一定レベル以上の技能のある人を使います。

また、注文住宅では、施工主がたびたび現場を見に来ることがあるので、職人も手を抜くことができません。

これに対して、建売住宅はクレームになりにくく、施工主が現場を見に来ることもないため、品質のレベルが下がりやすいのが特徴です。

また、職人も腕のいい人は注文住宅に回るため、経験の浅い職人や腕の良くない職人が、建売の施工に流れる傾向があります。

もちろん、注文住宅のほうが価格も高いので、こうなるのは当然のことかもしれません。

 

□まとめ

注文住宅と建売住宅には上記のような違いがありますが、注文住宅でも建売を中心に行っている施工会社では、建売住宅とあまり品質が変わりません。

それは、普段建売で行っている職人が建てた注文住宅だからです。

そのため、本当に上質な注文住宅を建てたい場合は、注文住宅をメインに建てている施工会社に依頼したほうがより理想の住宅に近づくことができるはずです。

CALENDAR

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

TOP > 新着情報 > 岡崎市で家を新築する際に注文住宅と建売住宅の違いとは?

ハウスリペア

Copyright © ハウスリペア株式会社 All Rights Reserved.(K)

ページトップ
  • 0120-06-5671
  • お問い合わせ
ページトップ