愛知県岡崎市の新築・リフォーム・店舗設計ならハウスリペア | TOPに戻る

0120-06-5671
愛知県岡崎市の新築・リフォーム・店舗設計ならハウスリペア | TOPに戻る

店舗施工例アップ&前回のつづき

  • 施工事例
  • 注文住宅
  • リフォーム・修繕・外構
  • 店舗設計・施工
  • ハーフビルド
  • 会社概要・スタッフ紹介

NEWS

新着情報

店舗施工例アップ&前回のつづき

2018-11-30 

店舗施工例、アップしました!駅ビル内のアパレルショップです。

ぜひご覧くださいm(__)m

https://house-repair.jp/housecms/case/2413.html

 

さて、前回のブログで「はじめてお店を持つときの内装工事。その1」として内装を決めていくところから工事の進み方の一例を、途中までご紹介しました。

 

 

今回は、続きのお話です。

 

おおよそのプランとお見積りを見ていただき、いくつかの会社と比較検討していただくことになると思います。

そこで、めでたくご縁をいただけることになった場合・・・

 

打合せはその次の段階に入ります。

金額と工事内容を見比べて、もう少し落とすところ、追加したい内容などを何度か打合せ、変更お見積りをお出しし、プランを決定します。

 

銀行などから借り入れをする場合は、お見積りをもとに審査などもあるかと思います。

審査が通ったら、ご契約を交わし、納期のかかる材料から発注を始めていきます。

例えば、今回のアパレルショップでは、ディスプレイ用の什器類に時間がかかりましたので、そちらを先に数量なども含め細かく打合せをさせていただきました。

 

その他、壁などを起こす場合は現場にて、位置出しを行い通路幅やカウンター高さなど、決定していきます。

 

賃貸契約が済んだら、つまりそこから賃料が発生しますので、できるだけ早くオープンできるようにオーナー様と日程の相談をしながら、工事の段取りを組んでおきます。近隣の方々へのご挨拶なども行います。

 

工事の内容により進み方は様々ですが、今回は、仮囲い(インショップのため)→クロスの剥がし→大工工事・電気配線→塗装→クロス・床貼→什器・照明取付→クリーニング→仮囲い撤去、という具合に進みました。

 

工事前に打合せ日程的に余裕がある場合以外は、工事スタートしながら、内装材(クロスや床の品番など)や照明器具を決めていくことも多いです。

店舗の場合は音の出る工事の時間帯の制限だったり、特殊な什器類の納期だったり、オーナー様の準備だったり…色々な状況により、オーナー様とご相談し協力をいただきながら時には臨機応変に進めていくことも。

 

工事が一通り終わったら、確認をいただき、ひとまず工事は完了となります。

その後はオーナー様の準備がスタートします。レジシステムの設定や、商品陳列や、スタッフの接客練習などなど・・同時に、手直しや追加工事などがある場合はもう少し、私達も入らせていただきますm(__)m

 

 

そして、いよいよオープン!!!

 

・・・と、一例ですが、このような感じで進んでいきます。

 

 

まだ漠然と、でもいつか自分のお店を…と考えていらっしゃる皆さまに、少しでもイメージしていただけたら幸いです(^^)

 

漠然と・・・の段階でも構いませんので、ぜひ夢のお店のお話をお聞かせくださいね♡

 

 

 

CALENDAR

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

TOP > 新着情報 > 店舗施工例アップ&前回のつづき

ハウスリペア

Copyright © ハウスリペア株式会社 All Rights Reserved.(K)

ページトップ
  • 0120-06-5671
  • お問い合わせ
ページトップ