愛知県岡崎市の新築・リフォーム・店舗設計ならハウスリペア | TOPに戻る

0120-06-5671
愛知県岡崎市の新築・リフォーム・店舗設計ならハウスリペア | TOPに戻る

愛知に注文住宅を建てよう|内装をおしゃれにするためのコツとは

  • 施工事例
  • 注文住宅
  • リフォーム・修繕・外構
  • 店舗設計・施工
  • ハーフビルド
  • 会社概要・スタッフ紹介

NEWS

新着情報

愛知に注文住宅を建てよう|内装をおしゃれにするためのコツとは

2019-05-26 

これから家を購入することを考えている方は、いらっしゃいませんか?
家は、人の個性を表現します。
そして、家は家族が住むところでもあります。
より居心地がいいところにするためには、自分好みの家、部屋にする必要があります。
そこで、今回は、おしゃれな部屋を好む方に、内装をおしゃれにするコツについてご紹介します。

 

□1つ目のコツ「配色」

 

1つ目のコツは、「配色」です。
内装をおしゃれにするために、統一感を出すことが重要です。
内装が99%綺麗にまとめられていても、1%のアンバランスなものを入れることによって部屋に悪い印象を与えます。
そこで、「配色」のポイントは、色の配分を「7:2.5:0.5」で合わすことです。
この内容は、ベースカラーを7割、メインカラーを2.5割、アクセントカラーを0.5割で抑えることです。
例えば、ベースカラーの白を7割、メインカラーの黒を2.5割、アクセントカラーを0.5割にすることで、統一感が生まれ、おしゃれな部屋が完成します。
また、明るい色を使うことで印象はさらによくなります。
つまり、「配色」を考えることによって部屋の印象は変わります。

 

□2つ目のコツ「間取り」

 

2つ目のコツは、「間取り」です。
圧迫感をなくすことにより開放感がある部屋にすることが重要です。
まず、壁をできるだけなくすことが大切です。
これまでは、廊下とリビングやダイニングを全て壁で仕切ってきたかもしれません。
しかし、壁を取り除くことで仕切りがなくなり、とても開放感がある部屋を作ることができます。
また、もし仕切りが必要な時に、引き戸を用いることで部屋の区別は可能です。
さらに、開放感を求める場合、窓を大きくすることをおすすめします。
これは、外からの光を部屋全体に当てることで、明るい家にでき、開放感を抱くことができるからです。
窓の大きさと仕切りに気をつけるだけで、部屋の印象は大きく変わります。

 

□3つ目のコツ「照明」

3つ目は、「照明」です。
光の当て方によって、高級感の差が生まれます。
主な方法は、ダウンライトを用いることで、照らす部分と照らさない部分のメリハリをつけることです。
高級感を出すことによって、とてもオシャレな部屋に変わります。
最近では、ライトの種類は豊富であり、お住まいになる方の好みによって、レトロな雰囲気やバーのような雰囲気にすることができます。

 

□まとめ

今回は、部屋をおしゃれにするコツについてお話ししました。
一番のコツは、シンプルかつ個性が際立つ部屋を作ることです。
このようなものを作ることは、難しいことです。
この記事を参考にしていただけると幸いです。

TOP > 新着情報 > 愛知に注文住宅を建てよう|内装をおしゃれにするためのコツとは

ハウスリペア

ハウスリペア株式会社

〒444-2132
愛知県岡崎市井ノ口新町3番10 ラフビル205号
TEL. 0564-84-5671

Copyright © ハウスリペア株式会社 All Rights Reserved.(K)

  • ハウスリペア株式会社
  • 0120-06-5671
  • お問い合わせ
ページトップ
  • 0120-06-5671
  • お問い合わせ
ページトップ