愛知県岡崎市の新築・リフォーム・店舗設計ならハウスリペア | TOPに戻る

0120-06-5671
愛知県岡崎市の新築・リフォーム・店舗設計ならハウスリペア | TOPに戻る

岡崎市で注文住宅を建てる際に考えたい子育てしやすい間取りとは

  • 施工事例
  • 注文住宅
  • リフォーム・修繕・外構
  • 店舗設計・施工
  • ハーフビルド
  • 会社概要・スタッフ紹介

NEWS

新着情報

岡崎市で注文住宅を建てる際に考えたい子育てしやすい間取りとは

2019-06-30 

注文住宅を建てる場合、まだ若い夫婦であればこれから子育てをすることになるかもしれません。

では、どんな間取りだと子育てをしやすいのでしょうか。

岡崎市で注文住宅を建てる際の間取りについて考えてみましょう。

 

□子育てを考えた間取り

住宅の購入は一生に一度の大きな買い物ですから、あとで後悔することのない間取りにしたいものです。

では、子育てをする夫婦が考えるべき間取りとは、どんな間取りなのでしょうか。

子育てのための間取りは、子供が小さくても大きくなっても、快適に暮らせる間取りでなくてはなりません。

 

□安全な間取りが最優先

子育てをしやすい間取りを考える前に、まず安全な間取りであるかを考慮する必要があります。

特に子供が小さいうちは、家の中は危険だらけと言っても過言ではありません。

住宅の間取りによっては親の目が行き届かないことがあり、思わぬ事故を引き起こすこともあります。

安全な間取りとは、「親の目が行き届く間取り」と言っても良いかもしれません。

 

□こんな間取りが子育てしやすい

家の中に家族が集まりやすい空間を作るのが、家族みんなが仲良く暮らす秘訣です。

家族が集まる場所というとリビングが挙げられますので、リビングをどの部屋からも必ず通るような間取りにすることを念頭において家づくりを考えましょう。

できればリビングは広めに取って、大きなテーブルが置けると理想的です。

そうすれば、リビングは食事以外にも家族が過ごす場所になります。

母親が台所で料理を作っている間に、リビングのテーブルで子供が勉強すれば、親子のコミュニケーションの時間が増えます。

母親は台所にいる時間が長いため、台所から子供の姿が見える間取りだと安心できます。

もし台所から見通しがきかない間取りになっていると、子供の姿が見えなくなるたびに、母親は料理の手を休めて探しに行かなくてはなりません。

こういうふうに考えると、子育てを第一に考えるなら台所はオープンキッチンにするのが理想ということになります。

また、家族のコミュニケーションのためにも、どの部屋ともつながる吹き抜けを作ることをおすすめします。

吹き抜けからどの部屋にもつながる作りだと、開放感のある家になり、家族がどこにいても声をかけることができます。

子供が成長すると子供部屋を作ることも必要になりますが、完全な個室にするより、収納や仕切りで区切るほうが、家族全員のつながりを感じながら暮らせる家になります。

TOP > 新着情報 > 岡崎市で注文住宅を建てる際に考えたい子育てしやすい間取りとは

ハウスリペア

ハウスリペア株式会社

〒444-2132
愛知県岡崎市井ノ口新町3番10 ラフビル205号
TEL. 0564-84-5671

Copyright © ハウスリペア株式会社 All Rights Reserved.(K)

  • ハウスリペア株式会社
  • 0120-06-5671
  • お問い合わせ
ページトップ
  • 0120-06-5671
  • お問い合わせ
ページトップ